• ホーム
  • 株式投資の企業や経済を育成する効果

株式投資の企業や経済を育成する効果

お金を数える人

株式投資というと最近は徐々にましになってはきましたが、まだまだ世間の理解が進んでおらず「投資をしている」と言うと白い目で見られたり、酷いときはギャンブラーと同じように思われたりします。
もちろんそのような、ギャンブルのように株式投資をする人もいますがしかし実際は、株式投資には企業を育成し経済を回す効果があり、資本主義経済には欠かせないものです。
例えば、皆さんが株に投資をしすることで、その投資されたお金は企業が儲けるための経済活動の資金になり利益が出ればまた企業はさらに活発に経済活動をし、また利益が出ればさらに活発に経済活動をします。
このようにして企業が育成されさらに、このような企業が増えていくことでその国の経済までもが育成されていきます。
さらにそれだけでなく、ある特定の業種に投資が集中すると、企業家やほかの業種の企業はそこから世間のニーズを読み取り、その業種へ参入する企業が増えてその業界を活発にし、また更に他の業種が注目されるとその業種への参入が増えその業界を活発にし、結果として一般の人たちの生活を便利にします。
株式投資が活発にされることでこれらの効果がもたらされます。
実際、金融があまり発達していない途上国では、上記の様な効果があまり期待できないので、誰かがアイディアを持っていたとしても資金が集まらず、なかなか企業が育成されず、また新しい企業も生まれず、結果として、経済の発展も遅れてしまい、最悪の場合、ほかの国の発展に取り残され、淘汰されていき、景気が悪化してしまうこともあります。
この様に、株式投資が活発に行われることで企業やその国の経済が発展していき、生活がより豊かで、より便利になっていき、その国の一般市民を幸せにします。